フライバーはヘルス&フィットネスの世界では「モバイル・トランポリン」と呼ばれている。
免疫系を刺激して細胞から毒素を排出、主だった臓器や腺を刺激して働きを活発にし、筋肉や腱、靭帯を強化するといわれるトランポリンの運動効果から、アメリカのフィットネス・ジムではフライバーをその道具として使用するところが増加している。
また、USスキーチームでは、脚力のアップをバランス感覚とともに行えるフライバーをオフのトレーニング器具として使う動きが出てきている。
このようにフライバーは、ひとつの商品でその体格、脚力に合わせて調整でき、かつ、いろいろな用途に対応している運動器具といえる。

スポンサーリンク



フライバーの特徴

フライバーは内蔵された直径約3センチメートル、長さ約20センチメートルの8本のゴムを伸び縮みさせて跳ぶ。高く跳ぶことができるので、空中でさまざまな「技」を繰り出すことができる。
跳躍力は昔のホッピングとは比較にならず、世界記録は2m29cmにもなる。

フライバーの道具

フライバーという名前で進化したホッピングですが、値段も35,000円前後程度。
また普通のホッピングはバネが一つだけど、このフライバーはバネが 8本もあり、それが跳躍力の秘訣になる。
対象体重は80kg程度なので頑丈に作られている。

フライバーのテクニック

二人がシンクロして前方回転や後方回転を行う。
空中での持ち替えもテクニックのひとつ。
フリースタイルモトクロスやスケボーに通じるものがある。

フライバーの世界記録

ホッピング高飛びのギネス世界記録8フィート(2.44メートル)。

誕生日プレゼントのフライバー

フライバーの動画

New trick practice @ya8shi4ro6 ?????? #xpogo #Flybar #Flybar1200 #フライバー #ホッピング #japan @flybarinc @xpogo

Masafumi Ohsawa??さん(@masafumi56)がシェアした投稿 –

フライバーでトリック

フライバーで大ジャンプ

#tbt ??⁉️ #xpogo #flybar #フライバー #ホッピング #Pogopalooza #PPZ #ぴょんぴょんず #japan ??

Masafumi Ohsawa??さん(@masafumi56)がシェアした投稿 –

フライバーの取材

海とフライバー

トップ画像引用元: https://event.rakuten.co.jp/supertv/article/detail/594/

スポンサーリンク