青森県北津軽郡の鶴田町にある鶴の舞橋は、農林水産省選定のため池百選の一つでもある廻堰大溜池・通称津軽富士見湖に架けられた木造の橋です。平成6年に建造された鶴の舞橋は、アーチ状の太鼓橋と呼ばれる構造が3連に連なっていて、その姿は湖上を舞うつがいの鶴をイメージしてデザインされています。腐食等に強い青森県産のヒバを建材として用いており、橋脚部分には樹齢150年を超える直径30cmのものが使用されていて、その数は700本にものぼります。

橋の大きさは、幅は3m、また全長は300mを有し、日本一長い木造の橋として知られています。その長さゆえ渡りきることが大変なようにも感じられますが、橋の中間に休息所が2ヶ所設けられており、体力が心配な方でもゆったり安心して渡ることができます。またインスタ映えすると話題になっていて写真を取りに来る人も増えています。

引用元: https://ameblo.jp/rinchan-kirarin/entry-12174890806.html

また、日本一長い木造の橋、つまり「長い木の橋」という言い換えは「長生きの橋」に通じ、長寿のシンボルとしてパワースポット的な人気も博しています。鶴の舞橋からは、青森県の最高峰で親しみを込めて津軽富士とも呼ばれる岩木山が望めます。

鶴の舞橋は、湖面に岩木山を映す津軽富士見湖と美しく調和しており、また鳥獣保護区にも指定されているその一帯と合わせて非常に風光明媚で、四季に渡って様々な景色を楽しむことができます。

夏には花火大会や湖上を龍神船が運行するつるたまつりが催され、鶴の舞橋との組み合わせも最高です。津軽富士見湖の周囲には富士見湖パークと丹頂鶴自然公園という施設があります。富士見湖パークには沢山の遊具やバーベキューを行えるピクニック広場があり、家族連れの方々等で賑わいます。丹頂鶴自然公園では本物の丹頂鶴が飼育されており、鶴の舞橋と合わせて観光するのにおすすめです。


引用元: https://matome.naver.jp/odai/2137845640821316201/2137845984024235403

【住所】〒038-3542 〒038-3542 青森県北津軽郡鶴田町大字廻堰字大沢81−150
【アクセス】JR陸奥鶴田駅より車で約15分。
【電話番号】0173-22-2111

引用元: http://photohito.com/photo/4795338/

スポンサーリンク